【気づていないだけ?】爪白癬の初期症状を徹底まとめ

爪白癬に感染している人は、日本で1200万人いるそうです。ここでは、なかなか気づきにくい、爪白癬の初期症状について書いています。爪白癬を早期発見して、悪化する前に対処することで、爪白癬を早く治すことが出来ます。

もくじ

1.痛みやかゆみはない!

爪白癬は爪の中に白癬菌が入り込んで繁殖した水虫ですが、足の指などにできる通常の水虫とは違って、かゆみや痛みなどの初期症状はありません。
だからこそ爪白癬は本人の知らぬ間に進行し、重症化してしまうリスクが高いのです。
足の指は白癬菌の好む蒸れた靴の中で常に隣の指同士が接触していることから、初期症状の段階で他の指に移っていきますので、注意が必要です。

 

2.爪の色が濁りツヤがなくなる!

健康的な爪は優しいピンク色をしていますが、白癬菌が爪の下に入り込みケラチンを栄養に繁殖を始めると爪の色が濁り始め、潤いも失って、表面のツヤがなくなります。
症状が進行すると爪の色は白く濁り、さらに茶色に変色してしまうので、初期症状に気がついた段階で早めに爪白癬の治療を開始することをおすすめします。

 

3.爪が厚くなる

健康な爪は薄く、しなやかに曲げることができるのですが、爪白癬が繁殖を始めると次第に爪は厚く、硬くなっていきます。
初期症状を見逃すと爪はどんどん厚くなり、最終的にボロボロと崩れていくのですが、こういった爪のかけらには白癬菌が付着していて、これに接触することで家族にも爪白癬がうつってしまうので早めの治療を心掛けましょう。

 

 

⇒《爪白癬|爪水虫》を自分で自宅で治す、その治療方法とは・・?